事業承継が困難な場合|じっくり考えて結論を

集客あってこその利益

食器

飲食店の経営は、顧客ニーズを的確にとらえることが大事です。最近ではオーガニック商品など産地や、鮮度などにこだわるケースが多くなっています。売り上げを上げるためには、少しでも顧客ニーズに応えることが大事なポイントになります。

この記事を読む

信頼関係を築いてから

硬貨と電卓

事業承継は会社の経営者が次の後継者に地位や事業用資産を引き継ぐことをいいます。事業承継は財産を移すことに主眼が置かれているのではなく、あくまでも経営を今後も行っていくために必要なものを引き継ぐところに力点があります。そのため、これは財産だけでなく経営の承継でもあるわけです。また、事業承継のメリットとしては、次のようなものがあります。まず何よりも事業を存続させることができる点です。たとえば、従業員にとっては、現役の経営者が引退したいと思ったり、死亡することによって事業が継続できなくなるというリスクを減じることができます。つまり、引き続き会社で働くことが可能というわけです。また、経営者としても保有している株式を売却して今後の資金を得られます。

事業承継は会社を存続させていくためにも非常に必要なことです。会社の経営者と従業員の双方にとってもメリットがあります。しかしながら、事業承継を成功させるためにはいくつかの条件があります。それは事業承継の方針を明確化して会社内できちんと開示することです。誰が事業を承継するのかあやふやであったり、決まった後にトラブルが起こったりすると、従業員や取引先の信頼性を失うことになりかねません。また、現役の経営者と後継者との間に信頼関係が構築されているかどうかもポイントになります。経営理念に違いがあれば会社運営がうまくいかないことが多々あります。事前に双方が話し合って価値観を共有しておくことが非常に大切です。

商品の入手

会社

商品を販売して利益を得るというのは商売の基本ですが国内では十分に物流が充実しており、ただの商品ではなかなか売上を伸ばすことができません。このため価格が安価な海外から商品を調達するということになります。このさいに中国から輸入する場合には中国輸入代行業者を利用すると安全に商品を手に入れることができます。

この記事を読む

開業の支援のスタイル

スーツの男性

大阪には開業支援サービスが多くありますが、フランチャイズ形式によるものや、様々なアドバイスをするコンサルタントなどがあります。独立開業の形態に合わせて自由に選べますが、リスクを抑える形で開業できるようになります。

この記事を読む