商品の入手|事業承継が困難な場合|じっくり考えて結論を

事業承継が困難な場合|じっくり考えて結論を

商品の入手

会社

独立開業といってもその事業はさまざまですが、もっとも手軽に始められるのが商品の販売です。何らかの商品を購入して、それを販売することで利益を得るというもので商売の基本とも言えるものです。インターネット通販という選択肢であれば、小規模からスタートすることができます。一方で商品の販売をするには、その商品を安価に手に入れる必要があります。国産品は高価であるため海外からの輸入ということになりますが、その輸入先として有力なのが中国です。中国は世界の工場とも呼ばれあらゆるものが生産されています。また日本とも近いので輸送費用が安価に済むメリットがあり、独立開業後の有力な商品の調達先といえます。ただ、直接買い付けにいっても上手く商品が買えるわけではなく、そのような場合には中国輸入代行業者を利用するのが便利です。

輸入商品のメリットとしては、価格が安いということですが、一方でデメリットとして品質が悪いものも混じっている可能性があるということです。このため実際に商品を目にして確かめることが重要ですが、海外となると渡航費用も掛かりますから、そのような場合には中国輸入代行業者を選ぶことが無難です。中国輸入代行業者の仕事としては商品を購入したいクライアントの依頼を受けて商品の調達から検品、輸出手続きまでをトータルで行ってくれるというものです。輸出入ではその国によってルールが異なったり、その国の言葉や風習を理解している必要がありますが、中国輸入代行業者を利用すれば、それらのハードルを下げることができます。また手数料分だけ単価が上がってしまいますが、検品作業を行ってくれるので、国内でスムーズに販売できるといったメリットもあります。