集客あってこその利益|事業承継が困難な場合|じっくり考えて結論を

事業承継が困難な場合|じっくり考えて結論を

集客あってこその利益

食器

顧客ニーズに応える

飲食店を経営するにあたって顧客ニーズの特定が難しくなっています。しかし顧客ニーズを特定しない限り集客を見込むことはできないのです。最近ではオーガニック商品や、産地直送など食材にこだわる顧客が増加しています。もちろんこの傾向に伴い飲食店側でも食材にこだわるケースが増加しています。大漁である場合には、食材に困ることはありませんが、漁獲量が少ないケースには、価格も跳ね上げあります。その日の仕入れ価格によって販売価格を変動しなければならないのです。顧客ニーズが食材になっている以上、それを妥協しては経営に影響を及ぼします。店の特徴にもなるカテゴリーになりますので、産地や仕入れに関しては、妥協しないことが優先事項となります。

コストを抑える工夫

仕入れを少しでも安くすることで利益率を高めるのも飲食店の経営の工夫事項となります。仕入れ先を一つに絞ると価格の選択肢はなくなってしまいます。そのため卸業者から購入する際には、必ず複数の業者の価格を見合わせて安い価格で仕入れることが大事なポイントになります。卸業者も商売になりますので、価格競争になると少しでも販売できるよう協力的になる会社も少なくありません。卸の価格は、相場がありませんので、言い値になるケースも少なくないのです。飲食店の経営はコストをいかに抑えるかもポイントです。そのため、仕入れなどコストをできる限り抑える工夫が経営の戦略にもなるのです。距離が離れている業者でも積極的におろしてくれる業者もいますので、比較検討は十分に行う必要があります。